歯科衛生士・受付
スタッフ募集

面接随時受付中!

×

将来を見すえた矯正

お子さまの矯正は
早いうちからがおすすめ

  • 矯正をしているお子さんが多いのは、それだけ、早くから対応するメリットが多いからです。

    子どものころは、あごの骨格から治療できるため、歯への負担がより少なく、見た目も整いやすくなります。あごの骨がやわらかく、上あごと下あごの骨格のバランスを調整したり、顎骨の幅を広げることができるのです。
    また、噛み合わせを改善することで、永久歯が生えてくる段階で、新しい歯が自然にきれいに並ぶように調整することもできます。

    生涯にかかる費用が低く抑えられるという点でも、早期から取り組むことをオススメしています。

  • 小児矯正の適切なタイミング

    小児矯正治療には、永久歯が生え揃うまでの段階で行う「第1期治療」と、永久歯が生え揃ってから行う「第2期治療」の2段階があります。
    第1期治療では、歯の生え変わりとの関係で適切な時期を選ぶことが大切なので、7歳から8歳ころに一度相談に行き、医師に判断してもらうことをおすすめします。

    永久歯がきれいにならぶスペースがないと、歯はゆがんだ位置に生え、そのまま成長してしまいます。そこで、歯が生えてくる前に、あごの骨格を広げる治療を行うことで、きれいに並んで生えてくるように矯正していくのです。

    奥歯の噛み合わせなども、成長期に骨格のゆがみの原因となるので、早めに治療することが大切です。

    ただ、歯並びが悪くなる原因は、人によってさまざま。適切な治療開始時期は個人によって変わりますので、一度、健診のつもりで矯正相談にきていただければと思います。