診療時間

最先端の治療。揖斐群大野町の歯医者・インプラント・ホワイトニングなら当院へ。

揖斐郡のアメニティ歯科 歯科・小児・矯正・インプラント

揖斐郡池田町の歯医者・アメニティ歯科
コールバック予約
骨がなくても大丈夫。自己血液で行うCGF(再生治療)

HOME » 診療科目・料金 » インプラント » 骨がなくても大丈夫。自己血液で行うCGF(再生治療)

骨がなくても大丈夫。自己血液で行うCGF(再生治療)

当院では、自己血液由来成分、CGFを利用した再生医療を行っています。
CGF(Concentrated Growth Factors)AFG(Autologous Fibrinogen Glue)とは

CGF・AFGとは、採血された患者さまご自身の血液から作製されるフィブリンゲルです。
cgf002_05.png


<フィブリンゲル>

次世代の完全自己採血による血小板濃縮フィブリン製剤として、再生医療分野で様々な効果が期待されています。
血液の中にある傷をなおす成分「血小板」「フィブリノーゲン」を濃縮・ゲル状にしたもので、
CGFやPRPと呼ばれ、歯科領域や整形外科、形成外科領域でも注目されています。

歯科領域では、これを抜歯後の穴や手術部に入れることにより、歯肉や骨の再生を促します。
インプラント治療における効果として、軟組織の治療、骨組織の再生促進によって治癒期間の短縮が期待できます。
※CGF(Concentrated Growth Factors):血小板含有フィブリンゲル
 PRP(Platelet Rich Plasma):多血小板血漿

当院では、添加物を含まない完全な完全自己血液由来フィブリンゲルを作製できる供血用遠心機・メディフュージを導入しております。

再生医療に関するリーフレットはこちら


CGFを使用するメリット
●インプラントのために骨が必要な場所に入いれることで、骨の再生を促します。
●手術部に入れることで、歯肉などの組織の再生を促します。
●歯周病などで失われた骨の再生を促します。
● 抜歯のあと等に入れると痛みや腫れを抑制することができます。
● 血液凝固因子を含むため、止血作用があります。
● ご自身の血液から作られるため、感染症、また拒絶反応やアレルギーなどがありません。


再生療法でできること

抜歯即時インプラントの結合組織移植の代替、吸収性のメンブレンとして、ソケットプリザベーション、サイナスリフトやソケットリフト時の移植材として、または代用骨との併用、ドナーサイトの止血・保護、抜歯などの外科処置時の止血・疼痛コントロール・感染防止、ドライソケット防止などに利用できます。

CGF作成の過程

1 採血
必要量を採血します。

cgf009.png

2 CGFの作製
採血管を遠心分離器にセットし、遠心分離します。
medifuge001_03.png

3 完成
作製されたCGFを治療に使います。
cgf002_05.png



特徴・使用方法

<強固なゲル>
自然なフィブリンの網目構造が形成されるため、
非常に強いゲルになります。

cgf007.png

<使用方法・吸水性メンブレン>

cgf008_03.png

<使用方法・AGFは骨補填材と混ぜて粘土状にして使用>

agf02.png

抜歯後の治癒の流れ

抜歯後の穴に血液から採取したCGFを入れ、組織の再生を促進することで
周囲を歯肉がおおい、穴がふさがれていきます。最終的に内部の骨が再生します。(約2~3ヶ月で再生します)

cgf006.png


HOME » 診療科目・料金 » インプラント » 骨がなくても大丈夫。自己血液で行うCGF(再生治療)


PMTC お問い合わせ インターネット予約 アクセス

pagetop