HOME » アメニティコラム » アメニティコラム 2月号「小さいころからの習慣づけが、虫歯予防の第一歩」

アメニティコラム 2月号「小さいころからの習慣づけが、虫歯予防の第一歩」

H28.2月.jpeg
しつけと同時に歯が再生する時間も与える!
北欧では子ぢもたちがお菓子を買えるのは
週末だけ!
たとえばフィンランドでは、
「子どもは金曜日にキャンディを買って、日曜日までに
食べきり、平日は甘いものをがまん」というむし歯の
予防運動を政府が行っています。"がまん"のしつけと
同時に初期むし歯ができるのを防ぐ時間を与えるのです。

歯には「再石灰化」といって
時間を与えていれば、再生
するしくみが備わっています。
糖を与えると、再石灰化する
時間がなく、むし歯が進行していしまいます。

●次号は「虫歯になる糖、なりにくい糖」


HOME » アメニティコラム » アメニティコラム 2月号「小さいころからの習慣づけが、虫歯予防の第一歩」


コールバック予約

pagetop