HOME » 症例集 » 歯列矯正(噛み合わせが深く、口を開ける度に顎の関節がきしむ)

歯列矯正(噛み合わせが深く、口を開ける度に顎の関節がきしむ)

過蓋咬合症例治療前
噛み合わせが深く、下の歯列が上の歯列に覆われて、見えなくなっている(過蓋咬合:かがいこうごう)。

次へ
過蓋咬合症例治療後
噛み合わせが良くなり、上の歯列によって見えなくなっていた、下の歯列が見えるようになりました。

【治療期間】2年 【通院回数】24回 【費用】600,000円(税抜)


HOME » 症例集 » 歯列矯正(噛み合わせが深く、口を開ける度に顎の関節がきしむ)


コールバック予約

pagetop