HOME » 症例集 » チタン床義歯(保険義歯では違和感が大きく、しゃべりづらい)

チタン床義歯(保険義歯では違和感が大きく、しゃべりづらい)

チタン床義歯症例
正面からの見た目
治療前
今まで使っていた保険のプラスチックの入れ歯は、分厚く・大きく・気持ち悪い。しかもしゃべりづらい。

次へ
チタン床義歯症例治療後
薄くて丈夫なチタン床を入れることにより、気持ち悪さもなくなり、快適になりました。上
の前歯のはり金の位置も、上の方にあるので目立たなくなりました。


チタン床義歯症例
上顎の状態
治療前
今まで使っていた保険のプラスチックの入れ歯は、上顎のところが分厚いプラスチックで全体に覆われていた。

次へ
チタン床義歯症例治療後
上顎にあたる部分が少なくなって、口の中が広くなり、食べ物の味や食感も感じやすくなりました。


チタン床義歯症例
下顎の状態
治療前
今までの使っていた保険のプラスチックの入れ歯は、プラスチックが分厚いため、口の中が狭くて、舌が動かしにくく、しゃべりづらかった。

次へ
チタン床義歯症例治療後
チタン床義歯は薄いので、舌が動かしやすく、しゃべるのが楽しくなりました。

【治療期間】1.5か月 【通院回数】5回 【費用】片顎:250,000円(税抜)


HOME » 症例集 » チタン床義歯(保険義歯では違和感が大きく、しゃべりづらい)


コールバック予約

pagetop