2014年10月10日 « HOME » 2015年1月 1日

2014年11月 4日

アメニティコラム 12月号「歯のけが」

スキャン 5.jpeg


~ちょっとイイ歯なし~ No.50

「歯のけが」

成長期の活力旺盛な子供にとって歯をけがする危険性は
非常に高くなっています。予期せぬ事故が起こった時、
的確に応急処置することで
歯のダメージを最小限にとどめます。


①歯が折れた。
折れた破片は水に浸して(牛乳に浸さないで)
歯科医院に持っていきましょう。
歯の神経を守るため当日受診するのが良いです。

②歯がぐらつく。
歯の位置がずれたり、揺れが大きい場合は
飲み込まないように気をつけて、早めの受診が良いです。

③歯が抜けた。
抜けた歯を持ってすぐ受診して下さい。
1時間以内が理想です。
抜けた歯はそのままラップに包むか、
牛乳に浸して受診します。
砂などで汚れていても決して洗ってはいけません。
洗ってしまうと歯の周りの膜がとれてしまいます。


けがの影響は、後で、歯の色が変わる、痛みが出る、腫れるなどの
症状がでることがあります。定期検診で経過観察が必要です。


●次号は「舌のお掃除」


2014年10月10日 « HOME » 2015年1月 1日


コールバック予約

pagetop