HOME » よくある質問 » ☆インプラント治療のよくある質問☆

☆インプラント治療のよくある質問☆

Q1. インプラント治療ってどんな治療ですか?
A. 歯の失われた(歯のないところ)ところ、人工の歯根を植える方法です。顎の骨にインプランというチタンの人工の歯根を植えて、その上に土台(支台)をつくり歯の冠せ物をつけて咬めるようにする治療です。

Q2. 年齢制限など、なにか制限されることはありますか?
A. 成長期を終えた18歳くらいの方から治療可能です。特に制限はありませんが、もしお体の具合が悪く心配な方は、ぜひ当院にてご相談下さい。相談は保険の範囲内で行えます。

Q3. インプラントのメリット(利点)はなんですか?
A. 「なんでもかめる。」「入れ歯のような不快感がない。」「他の歯を保存(守る)できる。」などさまざまなメリットがあります。しっかりとした歯で咬めることで老化防止や健康促進でもつながると言われています。

Q4. インプラントは噛み合わせが悪くても大丈夫ですか?
A. 噛み合わせなどを含めて総合的に診断を行い、治療計画を立てていきますので問題ありません。噛み合わせを良い方向へと導いていきます。

Q5. 骨粗鬆症を診断されました。インプラント治療は出来ますか?
A. 骨粗鬆症のお薬の種類や病態によって診断結果が変わってきますが、お薬のコントロールや主治医の方と連絡を取り合って治療されている方も多いですので、ご安心ください。一度当院にて相談して下さい。骨粗鬆症の方もインプラント治療は受けることができるケースがありますよ。

Q6. 糖尿病を患っています。インプラント治療は可能ですか?
A. 病状にもよりますが、多くの方は心配と思い込みで足がとまっております。糖尿病の方でもしっかりと医師のコントロールを受けて安定されている方や軽度の方は何も問題ないことが多いです。一度当院にて相談して下さい。きっと良い治療がご提案できると思います。

Q7. 他医院でインプラント治療を断られました。骨がないとのことです。骨がないとの理由がよくわかりません。骨がないとインプラントは無理なのでしょうか?
A. 治療の計画にCTを使っており、ありとあらゆる方向から骨の状態を調べた結果でしょうか?もしCTもとらずに調べた結果でしたら、CT画像で必ず診断すると正しく見極めが出来ます。また、場合によっては骨がないところに骨造成といった骨をつくることも出来ます。当院ではCTを完備し、正しい診断を治療を心がけております。一度ご相談下さい。

Q8. インプラント治療はどの歯医者さんでも出来る治療ですか?
A. だれでも出来る治療ではありません。治療経験年数や症例数、そして設備が整っているほうがより良いと思われます。どの治療でも技量の差はあって仕方のないことです。よくお調べになって受けられることをお勧めします。当院では、設備・治療症例数・経験年数など安定してもらえる治療を提供できると確信しております。一度、ご相談下さい。

Q9. インプラント治療は痛いですか?痛くて大変だったと言っていた人もいます。
A. インプラント治療は基本的に痛くありません。特に当院では痛みで困った方はいらっしゃいません。ただし、治療内容によっては痛む可能性もありますので、しっかりと相談して、術後の予後や経過をお話しながら進めていくことで心配はないと思います。

Q10. インプラント治療は時間のかかる手術ですか?
A. 当院の手術はCTなど使って術前のシュミレーションなど準備がしっかりしております。よって1歯(1本)の場合は5~10分程度です。3歯であっても30~40分前後で終了します。オペの時間が短く大変喜ばれております。

Q11. インプラント手術は入院など必要ですか?
A. インプラント手術での入院の必要は一切ございません。日帰りのコースです。術前・術後の説明や麻酔をきかせる時間、オペの治療も含めてだいたい60分くらいでお帰りできる治療となります。

Q12. インプラント治療は大変ですか?
A. 10年くらい前の時代のインプラントは大変だったとおっしゃる方がみえますが、現在のインプラントに関しては、大変だったとおっしゃられる方はほとんどいません。当院ではCTなどの術前診査を含め、的確は手術を行っているため、1歯(1本)あたり10分くらいの時間で出来ることもあり、楽だったとおっしゃられることがほとんどです。ご安心していただき、相談をしてもらえるいいですね。

Q13. インプラント治療の成功率はどのくらいですか?
A. 95~98%の成功率と言えます。残りの数%に関してはさまざま原因があります。患者様自身の治癒力が低い方(重度に近い糖尿病の方)や骨の弱い場所へやむを得ず埋入しないといけないような高度な手術などの例がその一部です。主治医とよく相談され成功率をよくお聞きした上で判断されると安心ですね。どの分野の治療も100%とは言いにくいのが現状ですが、当院は限りなく100%に近い状態であります。

Q14. インプラント手術後の生活に不自由なことがありますか?お風呂はだめや食事制限はありますか?
A. 特に問題や大きな制限はありません。手術当日はシャワー程度にいただき、翌日からはあまり長風呂はよくありませんが、入浴は大丈夫です。食事もインプラント患部に固い物があたらなければ大丈夫ですので、お好きな物を召し上がってください。手術の様子によって、主治医からのお知らせがありますのでその案内にしたがっていただくとよいですね。

Q15. インプラント治療後、定期検診は必要ですか?
A. インプラント治療した歯は虫歯で穴があくことはありませんが、歯周病になることはあります。
他の歯のことも含めインプラントの定期的なクリーニングはされたほうがよいと思われます。歯を失った場所はご自身にとって弱い場所(苦手な場所)とも言えますので、ぜひ大切にしていきたいものですね。

Q16. インプラントどれぐらいもちますか?
A. 患者様のお口の中の衛生管理に大きく関係しますので、お口の中の衛生状態が悪いとインプラントの寿命も短くなる場合があります。インプラントをした場所は、天然歯という素晴らしい歯が病気でなくなってしまったその人にとって弱い場所です。同じことが起きないよう歯科医師・衛生士とともに一緒にお口の管理をしていきましょう。状態のよい方は10年で95~97%以上の生存率です。

Q17. 顎の骨が痩せてきて小さくなった気がしますが、大丈夫でしょうか?
A.歯を失ったところは、骨に対して正しい刺激が伝わらないため、排用性萎縮(はいようせいいしゅく)の機こうが働き骨も痩せていってしまいます。骨が痩せて小さくなってしまうと様々なバランスが崩れてしまいます。骨を失わないためにも、正しく適切に、骨に刺激が伝わるための咬む歯が入るといいですね。その歯の種類は色々あります。当院ではいろいろな相談を承っております。どうぞご安心下さい。

Q18. 喫煙者ですが、インプラント治療はできますか?
A.喫煙者は絶対にインプラント治療が受けれないというわけではありません。とはいえ、喫煙はインプランだけでなく、歯周病に対しても症状を悪化させる原因のひとつです。タバコを吸われる方は吸わない方に比べて、インプラン治療、歯周治療の成功率が下がることが学会などで説明されております。お口の中だけでなく、肺の機能などお体に良くないものとされています。タバコはやはり吸わないことにこしたことはないですね。ニコチンの血流阻害や血管収縮は治療後などの回復部位に対して非常に不利と考えます。

Q19. インプラントは自分の歯と同じように噛むことができますか?
A.自分の歯と同じゆに噛めると考えてよいと思われます。自分の歯で噛める物はインプラントでも噛めるのでご安心下さい。


HOME » よくある質問 » ☆インプラント治療のよくある質問☆


コールバック予約

pagetop