HOME » 診療科目・料金 » 予防歯科 » 歯周病と全身疾患との関わり

歯周病と全身疾患との関わり

歯周病と全身疾患の密接な関係歯周病と全身疾患との関わり
近年、歯周病と全身疾患との密接な関係が明らかにされ、歯周病は全身に影響を及ぼす感染症ということがわかってきました。歯周病の原因菌は、口から体内に侵入することで様々な疾患を引き起こします。

たとえば、糖尿病・心疾患・肺炎・低体重児出産・脳梗塞・アルツハイマー症になる可能性が高くなることが示されています。

歯周病は生活習慣病
歯周病は細菌による感染症ですが、実は生活習慣病でもあります。

歯周病を悪化させる原因としてタバコやストレスなど様々ですが、その直接の原因となるのは細菌です。つまり、お口の中をきれいにし、歯周病を治療・予防することは全身疾患の予防にもつながるのです。
また、義歯に付着する汚れの正体も歯周病の細菌とほぼ同じです。歯周病予防だけではなく義歯をきれいに保つことも、全身の健康のためには大切なのです。


HOME » 診療科目・料金 » 予防歯科 » 歯周病と全身疾患との関わり


コールバック予約

pagetop