HOME » 診療科目・料金 » 歯周病治療 » 歯周病は、静かに深く進行します

歯周病は、静かに深く進行します

歯周病歯周病は、歯の根の周りにある歯槽骨が腐り、最後には歯が自然に抜け落ちてしまう病気です。以前は歯槽膿漏と呼ばれていた疾患で、その進行度合いでは「歯肉炎」「歯周炎」とも呼ばれます。

歯周病は痛みがなく静かに進行する
歯周病は、歯槽骨や歯肉など歯の周りの歯周組織が炎症を起こす疾患です。また、虫歯のように歯そのものを侵す病気ではありません。歯周病がひどくなると歯を失うことになるのですが、最初は痛みもなく、少しずつ時間をかけて進行するので処置が遅れがちになります。

実は歯周病は若いうちに発症していることが多く、若いうちのケアを怠った結果、歳を取ってから歯を失うということもあるのです。


HOME » 診療科目・料金 » 歯周病治療 » 歯周病は、静かに深く進行します


コールバック予約

pagetop