HOME » 診療科目・料金 » インプラント » 自分の歯で噛みしめるときと同じ、自然な感覚を手に入れる

自分の歯で噛みしめるときと同じ、自然な感覚を手に入れる

インプラントインプラントは、失った歯を人工的な歯で補う治療法のひとつ。チタンでできたネジのようなものを、歯の根っこの代わりに顎の骨の中に埋め込み、その上にかぶせ物を装着するものです。

埋め込まれたインプラントは、上の顎で4~6か月、下の顎で2~3か月の治癒期間を経て骨にしっかりと結合します。そして、骨にしっかりと結合したインプラントを使用し、失われた歯を取り戻すことのできるのです。

自分の歯と同じように噛める
インプラントの最大のメリットは、自分の歯と同じように噛めること。入れ歯のような違和感がなく、食事も会話も自然にできるので、毎日のストレスが減り、生き生きと過ごせるようになります。また、支えとなる歯が必要ないので、健康な歯を傷つけることなく、他の歯が抜けやすくなるなどの問題は発生しません。

一方、注意してほしいこととしては、インプラント自体が虫歯になることはありませんが、周囲の歯肉は歯周病に感染することがあります。インプラント治療が成功しても、周辺の歯肉が歯周病に感染してしまうと、インプラント周囲炎を引き起こし、インプラント体が脱落する恐れもあります。インプラントを長持ちさせるために、当院では、事前に患者さまの口内環境を整え、歯ぐきの状態がよくなってから治療を進めるようにしています。

また、「手術」に抵抗がある方も多くいらっしゃいますので、治療についてはしっかり説明いたします。患者さまの実際の歯型の模型を用いて、最終的な仕上がりをイメージしてもらい、不明な点を一つひとつ無くしていきます。また治療当日の夜には、必ず患者さまに電話を入れ、腫れの状態など、具合を確認しています(※手術というほど大げさなものではありませんので、ご安心ください)。


HOME » 診療科目・料金 » インプラント » 自分の歯で噛みしめるときと同じ、自然な感覚を手に入れる


コールバック予約

pagetop