HOME » 診療科目・料金 » インプラント » 骨が痩せている場合に行われる事前の準備

骨が痩せている場合に行われる事前の準備

骨の厚みが不足している人には、次のような手術を行い、インプラント治療ができるように準備を整えます。

サイナスリフト法
サイナスリフト法とは、インプラント治療に伴って行われる骨増成手術のひとつです。 上顎の奥歯に相当する場所にインプラントを植立する場合、人によっては骨の高さが不足し、数ミリしか骨がない場合があります。
インプラントを埋入可能にするスペースを作るために、上顎洞(上顎骨の鼻の横に存在する空洞)に移植した骨や骨補填材を注入し、上あごの底の部分を押し上げます。
サイナスリフト法次へサイナスリフト法

ソケットリフト法
ソケットリフト法は、サイナスリフト法と同様に上顎の骨量、骨幅を増大させる治療法です。上顎洞に骨を造成してインプラントを植立し、インプラントを固定・安定させるのに十分な骨の高さ(厚さ)を確保する方法で、骨の高さ(厚さ)が5mm以上あればこのソケットリフト法による骨造成でインプラント治療が可能になります。
この方法のメリットとしては、インプラントを埋入する部分(歯槽頂)から押し上げるので、傷口が小さくて済むこと。術後の腫れもほとんどなく、入院の必要もありません。
ソケットリフト法次へソケットリフト法


HOME » 診療科目・料金 » インプラント » 骨が痩せている場合に行われる事前の準備


コールバック予約

pagetop