HOME » 診療科目・料金 » 一般歯科(虫歯治療) » 歯をできるだけ削らず、負担を最小限に抑えた治療を行う

歯をできるだけ削らず、負担を最小限に抑えた治療を行う

虫歯治療歯科界では、2000年に国際歯科連盟によって提唱された『ミニマルインターベンション』という考え方が一般的になりつつあります。

ミニマルインターベンションとは?
これは、「歯をできるだけ削らず、神経を取らず、生まれもった歯をできるだけ残して歯の寿命を長くしよう」というコンセプトの考えです。当院でも、この考えに基づき、できるだけ削らず、負担を最小限に抑えた治療を行っています。

従来の治療法では虫歯そのものや、虫歯の周辺の歯質を取り除くことがよしとされてきました。しかし、これでは、本来、削る必要のないところまで失い、生まれ持った歯の大部分がなくなってしまっていました。

"悪いところだけ"を削る、最小限の治療を行っています
当院では、本当に悪くなったところだけを削って修復するという治療法で、患者さまがいつまでも口内の健康を保てるようにと考えています。削る場合でも、痛みが少なく、体への負担も軽減できる治療用レーザーを使用するなど、最善をつくして治療に向かっています。


HOME » 診療科目・料金 » 一般歯科(虫歯治療) » 歯をできるだけ削らず、負担を最小限に抑えた治療を行う


コールバック予約

pagetop