HOME » 診療科目・料金 » 歯周病治療

歯周病で困っている方

歯周病

歯周病は日本の成人の約80%が発症していると言われており、今や国民病のひとつです。

これまで歯周病の治療がなかなかうまく行かず、徐々に歯を失ってしまい、困って当院へ来院される患者さまが多くいらっしゃいます。中には「もう入れ歯しかない」と言われて、なかば諦めている患者さまもいます。

歯周病は、歯周病菌が歯周ポケット内に感染して始まる病気です。ですから歯周病の治療は、歯ぐきの中や歯の根に感染した細菌や歯石を取り除くことが、メインの目的です。

歯周病は、静かに深く進行します

歯周病歯周病は、歯の根の周りにある歯槽骨が腐り、最後には歯が自然に抜け落ちてしまう病気です。以前は歯槽膿漏と呼ばれていた疾患で、その進行度合いでは「歯肉炎」「歯周炎」とも呼ばれます。

歯周病は痛みがなく静かに進行する
歯周病は、歯槽骨や歯肉など歯の周りの歯周組織が炎症を起こす疾患です。また、虫歯のように歯そのものを侵す病気ではありません。歯周病がひどくなると歯を失うことになるのですが、最初は痛みもなく、少しずつ時間をかけて進行するので処置が遅れがちになります。

実は歯周病は若いうちに発症していることが多く、若いうちのケアを怠った結果、歳を取ってから歯を失うということもあるのです。

歯周病の進行と治療方法について

軽度歯周病(歯肉炎)軽度歯周病(歯肉炎)
【特徴】
歯と歯の間や、歯と歯肉の境目にプラークが付着すると、歯肉のみに炎症症状が出てきます。これを「歯肉炎」といいます。歯肉炎の初期の段階では、まず、歯肉が赤く腫れたり歯磨きのときに歯肉から出血してきます。痛みを伴わないため気付きにくいのですが、放っておくと歯周炎へと進行していきます。なお、歯を支えている骨は正常で溶けていません。

【治療方法】
歯肉炎が軽度の場合は、歯肉の外に見えている部分のプラークコントロールだけで治療が可能になります。 歯科医院で適切な治療をおこなえば、多くの場合は完治することができますので、早めに治療をおこなうことが大切です。

・TBI(Teeth Brushing Instruction 歯みがき指導)
きちんとした歯みがきをマスターすることが、歯肉炎の治療や予防にとても大切です。

・歯肉縁上歯石除去
歯肉縁上歯石とは、プラークが石灰化し歯の表面上(縁上)に付着したものです。超音波スケーラーやエアスケーラーなどで比較的容易に除去することが出来ますが、患者さまご自身で除去することはできませんので、歯科衛生士によって除去してもらいましょう。


中等度歯周病中等度歯周病
【特徴】
中等度以上の歯周病では、歯肉の腫れ・出血など軽度の歯周病の症状に加え、歯を支えている骨が半分くらい溶けていきます。骨が溶けているため歯がぐらぐらするようになり、歯が浮いたような感覚とともに、だんだん硬いものが噛みにくくなっていきます。

歯周ポケットはさらに深くなり、プラークによって歯肉が腫れているので、さらに奥深くへ細菌が進入していき、やがて歯根にまで歯石が付いていきます。ここまで進行してしまうと、歯周ポケットの中まで歯ブラシの毛先が届かず歯肉からの出血や痛みも感じるようになるので、歯磨きができず、より病気が進行していきます。歯と歯肉の境目からは膿が出でくるところもあります。

【治療方法】
歯の根の表面に付着したプラークや歯石を除去します。その後、歯の根の表面をきれいにして、プラークがその表面上に付着しにくくします。歯周病を治療する上で最も大ことなことは、歯石を除去して細菌がいない状態にすることです。

重度歯周病重度歯周病
【特徴】
重度になると、さらに状況は悪くなり歯と歯肉の境目からは膿がでて赤紫色に変色します。歯を支えている骨は三分の二以上が溶け、歯周ポケットは非常に深くなります。歯はぐらぐらと動きだし物を食べることも難しくなります。そして歯根には大量の歯石が付き、歯肉は大きく下がり歯根が見える状態になります。

【治療方法】
重度歯周病の治療は、基本にあるのはプラークコントロールで、さらに失われた組織の回復が必要になります。また、歯周病治療は患者さまの努力がなければ、決して成功することはありません。患者様による日常的なケアが何よりも重要なのです。


HOME » 診療科目・料金 » 歯周病治療


コールバック予約

pagetop