HOME » 診療科目・料金 » 小児歯科

歯医者さんが苦手にならないために

小児歯科

小児治療の当院の取り組みについて
歯医者さんが苦手にならないように、信頼関係の構築を何よりも大切にしています。初めて診察を受けられるお子さまや、歯医者さんが苦手なお子さまに対し、出来るだけ丁寧な説明をし、治療の順番も工夫しながら信頼関係を築いていきます。

1.大切なのはコミュニケーションと信頼関係
初めて診察を受けられるお子さまに対して、無理に治療を始めてしまうと、口を開けてくれなくなってしまいます。信頼を得ることを第一に優先し、しっかりコミュニケーションを取り、痛くない治療から徐々に進めていきます。

2.最新の無痛治療の導入
お子さまに、痛みと精神的恐怖をできるだけ取り除く無痛治療を心掛けています。

3.お子さまへの配慮
お子さまの歯を大切にする治療方針です。泣いたり、嫌がったりするお子さまの治療は基本的に行いません。治療を行う際には、お子さまの心と身体の準備が整ってから、治療を行いますのでご安心ください。

小児歯科の治療の流れ

小児歯科1.歯科に慣れる
歯医者さんが初めてのお子さまには、まず歯科に慣れていただくことを大切にします。無理矢理治療を行うようなことはせず、お子さまが落ち着けるようにコミュニケーションをとり、機械に慣れてもらい、緊張感をほぐします。

次へ

小児歯科2.治療台に座る
緊張がほぐれて 医院の雰囲気に慣れてきたら、実際に治療台に座ってもらいます。次に、どんな診療器具を使い、どんなことをするのかを実際の診療器具を見せながら楽しく説明していきます。しっかりと、診療器具のことを分かってもらった上で、実際にお口の中へと診療器具を入れていきます。この際に、お子さまが自分からお口を開けるまでは絶対に治療を始めません。これを当院では徹底しています。

次へ

小児歯科3.治療完了
治療が無事に終わったら、お子さまを褒めてあげることが大切です。この時はお父さん、お母さんも一緒になって褒めていただきます。お子さまは、初めての治療で褒められた喜びで痛みを忘れることもできますし、なにより治療に対しての自信がつくのです。その結果、歯医者さんは怖くないと思い、次に歯医者さんに来る時も怖がらずに来ることができるようになります。

フッ素でしっかり予防

小児歯科お子さまを虫歯や歯周病から守るためには、何よりも予防が大切です。

歯が成長していく子どものうちから、定期的にフッ素を取り入れて予防されることをオススメします。


お子さまの歯をフッ素で予防
1.フッ素とは?
フッ素には、虫歯になり始めた部分の再石灰化を促進したり、歯のエナメル質を強くする働きがあります。また、歯垢の中で作られる酸の量を抑えたり、虫歯菌の出す酸に負けない歯を作る働きもあります。フッ素はとても身近なもので、緑茶や紅茶・リンゴ・ミソ・牛肉・イワシなどにも微妙に含まれており、飲食物以外にも骨や歯などにも含まれています。

フッ素を作用させた歯とフッ素を作用させていない歯とでは、数十倍も違うとされています 。歯質を強化する効力が高いことから、虫歯予防に利用されています。

2.ご家庭で歯を強くする
ご家庭でフッ素やフッ化物(フッ素の入った薬)を使った予防を行うことができます。
・フッ素配合の歯磨剤(歯みがき粉)を使用する 
・フッ化物を歯に塗布する
・フッ素の洗口剤を使用する

※フッ素が配合されているものは、商品の裏側にある成分表の欄に、フッ化ナトリウム、フッ化第一スズ、モノフルオロリン酸ナトリウムと表示してあります。

3.フッ素塗布の開始時期と回数
フッ素塗布は歯が生えた時から可能です。生え始めの歯は軟らかく、フッ素の吸収率が高いので、生え始めたら1~3ヶ月に1回ずつ定期的に塗布されることをおすすめします。

フッ素塗布は保険適用外ですが、当院では成人される(20才未満)まで何度でも無料でフッ素塗布をさせて頂いています。

只今、当院では「予防・虫歯ゼロ」をさらに強化中です。
今まで、フッ素塗布をご希望の小学生以上の方には2,000円を負担して頂いていましたが、たくさんの患者様に、より多くフッ素塗布をして頂けるように、当院では成人される(20才未満)まで何度でも無料でフッ素塗布をさせていただくことにいたしました。
これは当院独自のご提供になります。

詳しくはお気軽にお問い合わせください!

フッ素塗布時のご注意事項

●フッ素は歯を丈夫にして虫歯を防ぐ薬です。
 また、フッ素を塗るだけなので時間もかからず痛みもありません。

●フッ素を塗った後は、フッ素が歯に浸透するまで最低30分は飲んだり食べたりしないでください。

●フッ素を塗ったから、虫歯は絶対にできないというのは間違いです。
 毎日の歯磨きや、おやつの時間を決めること、甘い物を減らすことが最も大切です。

●フッ素は繰り返し塗布することで効果が現れます。1~3か月に1回は定期的にフッ素塗布を行いましょう。

ご家族の方が見守っていくことが重要

小児歯科お子さまの歯を守るために重要なのは、「ご家族の心がけ」です。

子どものうちから虫歯にならないようにしっかり予防することが一番大切です。そのためには、ご家族がしっかり見守っていくことが大切なのです。お子さまの歯を守るためにも、しっかりと定期検査を受けましょう。

歯は一生の財産です。健康な永久歯列の完成は、親から子への最高のプレゼントです。

虫歯は感染しますから、ご家族の方もお口のコントロールに努めましょう。定期検診を必ず受け、年齢に応じた専門的な指導と予防のための処置を、歯科医師や歯科衛生士に行ってもらいましょう。


HOME » 診療科目・料金 » 小児歯科


コールバック予約

pagetop