HOME » 診療科目・料金 » インプラント

失った歯を取り戻し、噛めるよろこびを【インプラント治療】

インプラント治療

違和感なく、食事も会話も自然にできるようになるのが、インプラントの最大の魅力。自分の歯でかみしめる感覚を取り戻し、毎日をイキイキ過ごせるようになります。

治療前後でしっかり情報提供し、フォローしていきますので、ぜひ一度ご相談ください。

自分の歯で噛みしめるときと同じ、自然な感覚を手に入れる

インプラントインプラントは、失った歯を人工的な歯で補う治療法のひとつ。チタンでできたネジのようなものを、歯の根っこの代わりに顎の骨の中に埋め込み、その上にかぶせ物を装着するものです。

埋め込まれたインプラントは、上の顎で4~6か月、下の顎で2~3か月の治癒期間を経て骨にしっかりと結合します。そして、骨にしっかりと結合したインプラントを使用し、失われた歯を取り戻すことのできるのです。

自分の歯と同じように噛める
インプラントの最大のメリットは、自分の歯と同じように噛めること。入れ歯のような違和感がなく、食事も会話も自然にできるので、毎日のストレスが減り、生き生きと過ごせるようになります。また、支えとなる歯が必要ないので、健康な歯を傷つけることなく、他の歯が抜けやすくなるなどの問題は発生しません。

一方、注意してほしいこととしては、インプラント自体が虫歯になることはありませんが、周囲の歯肉は歯周病に感染することがあります。インプラント治療が成功しても、周辺の歯肉が歯周病に感染してしまうと、インプラント周囲炎を引き起こし、インプラント体が脱落する恐れもあります。インプラントを長持ちさせるために、当院では、事前に患者さまの口内環境を整え、歯ぐきの状態がよくなってから治療を進めるようにしています。

また、「手術」に抵抗がある方も多くいらっしゃいますので、治療についてはしっかり説明いたします。患者さまの実際の歯型の模型を用いて、最終的な仕上がりをイメージしてもらい、不明な点を一つひとつ無くしていきます。また治療当日の夜には、必ず患者さまに電話を入れ、腫れの状態など、具合を確認しています(※手術というほど大げさなものではありませんので、ご安心ください)。

骨が痩せている場合に行われる事前の準備

骨の厚みが不足している人には、次のような手術を行い、インプラント治療ができるように準備を整えます。

サイナスリフト法
サイナスリフト法とは、インプラント治療に伴って行われる骨増成手術のひとつです。 上顎の奥歯に相当する場所にインプラントを植立する場合、人によっては骨の高さが不足し、数ミリしか骨がない場合があります。
インプラントを埋入可能にするスペースを作るために、上顎洞(上顎骨の鼻の横に存在する空洞)に移植した骨や骨補填材を注入し、上あごの底の部分を押し上げます。
サイナスリフト法次へサイナスリフト法

ソケットリフト法
ソケットリフト法は、サイナスリフト法と同様に上顎の骨量、骨幅を増大させる治療法です。上顎洞に骨を造成してインプラントを植立し、インプラントを固定・安定させるのに十分な骨の高さ(厚さ)を確保する方法で、骨の高さ(厚さ)が5mm以上あればこのソケットリフト法による骨造成でインプラント治療が可能になります。
この方法のメリットとしては、インプラントを埋入する部分(歯槽頂)から押し上げるので、傷口が小さくて済むこと。術後の腫れもほとんどなく、入院の必要もありません。
ソケットリフト法次へソケットリフト法

インプラント治療が難しい方

インプラントは、決して難しい治療ではありませんが、次のような方は適用できない場合があります。事前にしっかりとご相談いただき、治療を進めていきましょう。

治療が難しい方
・一般の外科手術に耐えられない方
・重度の糖尿病、肝臓疾患、心臓疾患、血液疾患などを有する方
・頭蓋、顎骨部に放射線照射治療の既往のある方
・喫煙量の多い方
・薬物やアルコール中毒の方
・顎の骨が極端に吸収されている方
・歯周病がコントロールされていない方
・相対する歯との間にスペースがとれない方
・歯ぎしりの強い方
・精神不安定な方は不向き(心配性の方とは違います)

※通常、約半年から1年の治療期間が必要となるため、時間的に制約のある方には不向きです。

インプラントの治療例

インプラント症例治療前
事故で前歯3本を失ってしまった。とても見た目が気になり、このままでは人前で話すのが恥ずかしい。時間がかかっても良いから、入れ歯や健康な歯を削るブリッジにはしたくない。

次へ
インプラント症例治療後
前歯に3本インプラントを埋入しました。入れ歯のように外れてしまう心配や、ブリッジのように周囲の健康な歯を削ることもなく、しっかり噛めるようになりました。また、審美性も保たれています。

そのほかの症例はこちら

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れSTEP1 カウンセリング
インプラント治療とはどういうものなのか、メリット・デメリット、治療の進め方など、丁寧に説明してまいります。現在のお口の状態、お悩み、ご希望などをお聞かせください。

次へ

インプラント治療の流れSTEP2 精密検査・診断
インプラント治療に必要な各種検査、診査を行います。CTも完備しているので、より正確な検査が可能です。ご希望があればレントゲン撮影もさせていただきます。CTによる精密検査や診断は無料で行っております。

次へ

インプラント治療の流れSTEP3 治療計画の説明
さまざまな検査とCT画像による正確な骨の形状を把握したら、いよいよ、インプラント治療の計画を立てていきます。本数や治療にかかる期間、費用などをわかりやすく説明させていただきます。さらに、治療に伴うリスク、治療後の保証やメンテナンスなどについてもお話します。

次へ

インプラント治療の流れSTEP4 手術前の処置
インプラント治療を開始するにあたって、まずお口の中の環境を整えます。歯ぐきの状態をしっかり整えることで、治療後の歯周病予防になり、インプラントの長持ちにつながります。

次へ

STEP5 手術、治療スタート
インプランを埋め込む手術を行います。本数にもよりますが、手術時間は1時間程度で終了します。イメージとしては、「歯を抜く」時と同じような処置で、手術に伴う痛みも同程度と考えてください。手術後の腫れも2~3日でなくなりますので、日常生活での大きな制限やお仕事をお休みいただく必要はとくにありません。
埋入したインプラント体が定着するまでの目安は、上の顎で4~6か月、下の顎が2~3か月程度です。
インプラント治療の流れ
インプラントに人工の歯を接続するための土台を装着し、最終的に装着する歯を製作します。当日は、仮歯を装着して帰ることができます。インプラントが顎にしっかり固定されたら、最終的な人工歯を取り付けます。

次へ

STEP6 経過観察・メンテナンスインプラント治療の流れ
装着した歯の状態を確認。頬などをかむことがないか、話しにくくないか、などをチェックし、同時に歯磨きの仕方も指導します。メンテナンスをしっかり行うことが、インプラントを長持ちさせるポイントです。


HOME » 診療科目・料金 » インプラント


コールバック予約

pagetop